Home > プレスリリース > のこり染工場の脱炭素経営について

のこり染工場の脱炭素経営について

KURAKIN製品の「のこり染」、縫製を行っている自社工場は、

ファッション衣料向け生地の染色を手掛けています。(株式会社艶金

艶金は、脱炭素経営を最優先の課題ととらえ、営利団体としてこの会社を継続

していく上での基本コンセプトとして取り組んでいます。

UNIQLOが、気候変動への対応方針として、温室効果ガス排出量の削減目標

であるSBT(Science?Based Targets)を2年以内に策定することを

コミットしたようです。

当社も、中小企業として自主的にSBTと同水準で策定した削減目標を

公表しています。(スコープ1.2)

SBTとは、国連等が世界的に企業の設定を促している温室効果ガス排出量の

削減目標ルールです。

SKMBT_C554e20011613480-2.jpg

世界的に影響力があるUNIQLOが発信したことに、僭越ながら大いに敬意を表します。

 

 

 

Home > プレスリリース > のこり染工場の脱炭素経営について

Return to page top