Home > プレスリリース > ボイラー管理優良事業場表彰

ボイラー管理優良事業場表彰

染色は、大量の水を使用し、熱湯で染めるため、エネルギーも大量使用します。

「のこり染」も色素のもとは、廃棄される食材等を使用しますが、染色時に

水やエネルギーを使用することは変わりありません。

今般、一般社団法人日本ボイラー協会より、ボイラー優良管理事業場として

表彰を受けました。

染色の熱源となるボイラーを当社は、木廃材を熱源に使用したバイオマスボイラー

を、全産業界においても、めずらしかった昭和62年にいち早く導入しました。

その後、ボイラーのメンテナンスはもちろん、継続的に行っている環境保全・

省エネルギーへの取り組み、そして、クラキンブランドのようなエコロジー性の

高い商品開発を評価していただけました。

FullSizeRender.jpg

Home > プレスリリース > ボイラー管理優良事業場表彰

Return to page top