Home > プレスリリース > 愛知学院大学生と「のこり染」でポンチョ

愛知学院大学生と「のこり染」でポンチョ

今年度、中部経済産業局による地球温暖化対策につながるカー

ボン・オフセット製品の開発支援を受けています。今般、愛知学院

大学経営学部鵜飼宏成教授&学生バーチャルカンパニー「Car-

pon」の協力により、エコを訴求した製品開発に取り組んでいま

す。

そのなかで、エコペットと綿で織られた生地に「のこり染」を

行い、ポンチョの試作を行いました。ペットボトルの再生糸であ

るエコペットと、食品残渣から出る色素を利用する「のこり染」

生地にて、主にサイクリング向けのポンチョです。地球温暖化

対策・二酸化炭素排出削減への意識啓蒙や、健康増進と交通事故

の減少を願う思いが込められています。試作品の展示を予定して

いますので、是非ご覧いただき、ご意見をいただければと思い

ます。

 

展示する展示会 メッセナゴヤ2016

期間 2016.10.26-10.29

会場 ポートメッセなごや

ブースNo.1A-28

 

Home > プレスリリース > 愛知学院大学生と「のこり染」でポンチョ

Return to page top